バックナンバー776号

≫ウィンドウを閉じる


No.776-2014/02/10

こだわり商品には知恵が必要
祝 第48回スーパーマーケット・トレードショー

提案は売場に商品陳列するだけでなく消費者の生活改善に役立つものを

No.776号

  ヤオコーは1月15日、JR常磐線・松戸駅から東へ約2.8km、新京成線・みのり台駅から南へ約1.0kmの立地に「松戸稔台店」をオープンした。生鮮食品はもとより、日配は味や原料にこだわり、産地を明確にした練物を強化し、おつまみとしてだけではなく、おかずとしての食べ方の提案を図る。チーズ売場では国産チーズのこだわりとして「花畑牧場」の品揃えを強化。ドライではヤングファミリーを意識した簡単に調理ができる和・洋調味料、こだわりの輸入菓子、輸入・地ビールなどを強化し、特にヤング層の家庭における調理応援を意識し、お洒落でこだわりのあるダイニング&調理用品の提案に力を入れることを強調している。同社の特徴は、こだわりの単品訴求だけではなく、カテゴリーとしてこだわり商品の充実を図っているところにあり、写真に見る「だし」関連商品のこだわりぶりも、消費者には定評のあるところである。


生活者に合わせたMD


  問わず語りに「ヤオコーさんは素晴らしい」という話が頻繁に出る。まさに、四半世紀近く増収増益を重ねている証明なのだろう。数年も前のこと、「わが社のこだわり商品は売れているのか」「あまり売れていません」。上部から商品部への問いかけでヤオコーの「こだわり商品の見直し」は始まった。


  どのスーパーマーケットにも見られるように、売場の最上段には高額商品が並んでいる。ヤオコーは売れない理由を分析した。「我々は生鮮を主体に品揃えしている。ところが、いわゆるこだわり商品は、生鮮と比較して高額すぎる。例え高質だとしても、生鮮とレベルが違えば消費者の価値観に合わない」。けだし名言だった。


  それからしばらくして、ヤオコーのグロサリーは今日のような売場づくりのスタートを切った。現状は売場を見れば一目瞭然。理に適った売場の完成を目指している。本誌でも、「スーパーマーケットのこだわり訴求」は、「こだわりのコーナーづくり」から始めるべきだと提案している。ヤオコーに関しては、この過程を自力で超え、「ヤオコー独自の提案」を行っている。


  話をヤオコーの「こだわりの見直し」に戻すと、かつて同社も、現在多くのスーパーマーケットに見るように、例えば醤油にしても最上段に、ものすごい高額の醤油を置いていた。まさに置いていた状態であり、消費者はほとんど手に触ることもなかった。この一因はその醤油が高いだけでなく、下段に特売商品が嫌でも目に付くように大陳されているからだ。


  再び現在の醤油売場に目をやると、かつての売場と大きな変化がすぐに分かる。例えば、最上段商品の価格より下段商品の価格が高額ではないか。つまり、こだわり商品の見直しによって、ただ価格だけの商品選択を止め、生活に密着した実用的なマーチャンダイジングに切り替え、値ごろ感のあるひと味違った醤油をヤオコーの「こだわり商品」として選定、売場ではその商品を消費者の目線に据えたわけだ。


  再び現在の醤油売場に目をやると、かつての売場と大きな変化がすぐに分かる。例えば、最上段商品の価格より下段商品の価格が高額ではないか。つまり、こだわり商品の見直しによって、ただ価格だけの商品選択を止め、生活に密着した実用的なマーチャンダイジングに切り替え、値ごろ感のあるひと味違った醤油をヤオコーの「こだわり商品」として選定、売場ではその商品を消費者の目線に据えたわけだ。


今週の目次




流通羅針盤

各界に「食の安全」の総点検を促す農薬混入事件


今週の業界トピックス

イズミヤ H2O(阪急阪神)リテイリングの傘下へ、完全子会社に
イズミヤ 四條晴也専務が3月1日付けで社長に就任
イズミ スーパー大栄に資本参加、第三者割当で19.93%保有へ


今週の開店情報


SJ新店・改装店レポート

高架下SC内の小型店として駅改札前で、即食・簡便商品とワインの品揃えを充実
 ザ・ガーデン自由が丘 東小金井店
新什器に入れ替え大幅改装、新MD導入せず惣菜売場を強化
 サミットストア和泉店


ハマさんのコーヒーブレーク・112 コラムニスト 浜本經道

楽しい買物体験を求めて


特集 SM・トレードショー

輸入食品の魅力を提案
 イタリアンフーズ社長 高橋 信幸 氏に聞く
  「日本向け商品充実」に商社は活発
  アベノミクスの恩恵を待つ輸入食品
開け!!こだわりの花
 五味商店社長 寺谷 健治 氏に聞く
  本格化してきた上質商品の販売意識
  いま、こだわり啓蒙活動15年の成果
SMトレードショー 注目の“こだわり商品”
 阪神酒販株式会社 カルシウムとマグネシウムを理想的に補給
 株式会社グリーンオーガニックマート 驚異の低GI値甘味料
豚肉売場の活性策
 フリーデン営業統括部長 安西 哲哉 氏に聞く
  メニューと食べ方提案の一体化進め
  商品作りと調味料開発で実績伸ばす


注目の新商品 明治屋

 素材と製法にこだわった「おいしい缶詰」新発売


食品マーケティング

日水、上期新商品、市販用冷食は簡便性で味の向上へ(3)
 *食卓向けは焼きおにぎり~麺類など強化(13品目)
ケイエス冷食、売れ筋商品の範囲拡充へ
 *弁当のおかず中心に新商品は5品目


今週の大店立地法公示速報


交差点

SMはハレの日で存在感を



≫ウィンドウを閉じる