New!

週刊ストアジャパン

No.1206-2023/01/30

今週の表紙

ウイズコロナからアフターコロナへ舵 経済活動も本格化、各地で新春賀詞交換会が再開

―約400名が参加した「新春全国セルコグループ賀詞交換会」―


各地でリアルでの会合増える


  20年2月から始まった新型コロナウイルス感染拡大は4年目に入り、政府がコロナ感染症の位置づけを2類相当から5類へ変更する方針を表明、緊急事態宣言などの行動規制のない、インフルエンザ並みの感染症に移行することになりそうだ。ウイズコロナからアフターコロナへ。世界的には新たな変異株が感染を広げていて「まだまだパンデミックの真ん中にある」という世界的な権威の発言もあり、依然として予断を許さないが、世の中は本格的な経済再開に向け動き出している。


  協同組合セルコチェーン(井原實理事長)では1月18日(水)、東京・明治記念館で「新春全国セルコグループ賀詞交換会」を開催した。21年と22年はコロナ禍を理由に中止していたが3年ぶりのリアルでの開催になったもので、組合員加盟社、賛助会員など約400名が参集した。会は井原理事長(与野フードセンター取締役名誉会長)の挨拶の後、経済産業省、農林水産省などの担当課長、国分グループ本社、三井食品など大手卸トップなど8名が祝辞を述べ、新年のスタートを祝っていた。


  佐伯行彦セルコチェーン理事相談役(さえきセルバホールディングス社長)の乾杯で立食形式の懇親に移った会場ではあちこちに名刺交換や懇談の輪ができ、リアルでの対面の良さが再確認されていた。


  1日遅れの19日(木)には、オークラ東京「オーチャード」で「CGCグループ・アソシエイツ会新春合同総会」が開催され、CGC加盟企業と取引先から347社649名が参加。CGCジャパン原和彦会長(アクシアルリテイリング社長)、アソシエイツ会京谷裕会長(三菱食品社長)などの挨拶の後、CGCジャパン堀内要助社長が23年度CGCグループ活動計画と新CIを発表。創立50周年を迎える今年、「さらに変える、挑む」をスローガンにグループ総年商5兆円突破を目指すと宣言していた。


  商品展示会も各地で、通常通り開かれるケースが増えており、ニューノーマルでの経済が本格的に動き出している。


今週の目次





SJW新店・改装店レポート

新GMSは「体験型ライフスタイル店舗」。都心へのアクセスは、さらに改善
 イオンスタイル 東淀川
グループシナジーの最大限発揮を目指す都市型SMのモデル店
 ヨークフーズwithザ・ガーデン自由が丘 中野店


今週の業界トピックス

日本生協連
 生協、組合員の暮らしに寄り添うくらし応援全国キャンペーン展開
さえきセルバHD
 今期、売上高560億円、経常利益15億円で着地見込
クスリのアオキ
 2年後までに300坪の既存店全店をフード&ドラッグへ転換
ローソン
 期限切れ迫るフライドフーズを急速冷凍し、寄贈する実験開始


マンパワーの育成戦力化とマンアワー確保の処方箋・127

― 生産年齢人口(働く人)激減の諸施策 ― 小澤 信夫


深読み直球 (株)島田研究室 島田 陽介

真実は「データ」にではなく、「わが社の競争力」に宿る


食品マーケティング|マルハニチロ

春季新商品、全54品を発売。個食・簡便対応を強化


巷で秘かに売れ始めている 注目!フーズ&ドリンクス

かんずり [和風激辛ソース雷 金]
新潟の伝統唐辛子調味料と“最強激辛”唐辛子のコラボ


今週の大店立地法公示速報




Copyright (C) Store Japan co. All Rights Reserved.