日本スーパーマーケット協会主催、公開研究セミナー第18回開催

健康を切り口とした付加価値創造型の食品開発で需要を掘り起こす

イオン、日本生協連、カスミ、三菱食品のキーマンが
健康志向食品強化の新戦略を講演


4月19日(木)東京・八重洲

詳細はこちら!(188kb PDFファイル)

※参加申込はこのPDFを印刷してFAXするか、E-mail:info@sji.gr.jpでお願いします。


■プログラム
12:45~13:00 ●ご挨拶
「SM業界の最近の動向について」
(一社)日本スーパーマーケット協会 専務理事|江口 法生


13:00~14:10 ●講演1
「健康と美味しさを前面に打ち出した食の商品開発と売り方提案」
―ナチュラル、オーガニック、フリーフロムなど多彩な独自商品を展開―
イオントップバリュ(株) 常務取締役 MD戦略本部長|森 常之 氏


14:20~15:10 ●講演2
「地域に根ざした食育活動を通じて、ヘルシーな食生活に貢献する」
  ―健康提案を通じて顧客との親密な関係を構築します ―
(株)カスミ 総務本部 環境社会貢献部 食育担当マネジャー|杉本 睦子 氏


15:20~16:20 ● 講演3
「食品卸が提案する健康志向の商品及び、最近の小売業、食品メーカーの健康志向商品の取組み動向」
  ―美味しさ重視の「食べるをかえる からだシフト」の商品開発 ―
三菱食品(株) ブランド戦略本部 商品企画第一グループマネジャー|森川 博昭 氏


16:30~17:30 ● 講演4
「組合員の声を聴き、テーマごとに健康配慮型商品を拡充する」
  ―野菜・大豆摂取増、アレルギー対応食品開発に臨む―
  日本生活協同組合連合会 常務執行役員 商品事業担当|尾辻 雅昭 氏


■開催要項
主催
一般社団法人 日本スーパーマーケット協会(東京都中央区日本橋2-2-6)
事務局
(株)ストアジャパン社 (株)SJ流通戦略研究所
TEL:03-6680-3084
期日
平成30年4月19日(木) 12:45 ~ 17:30(受付開始12:15)
会場
東京・石塚八重洲ビル4F 貸セミナーホール
東京都中央区八重洲1丁目5‐20
定員
100名(先着順/ 事前登録制) ※定員になり次第締め切り
参加費
1人15,000 円(税込)



Copyright (C) Store Japan co. All Rights Reserved.

>>